グラフィックデザイナーが取得すると有利な資格は、Illstratorクリエイター能力認定試験、Photoshopクリエーター能力認定試験の他アドビ認定エキスパート資格などもあります。

グラフィックデザインの資格とは

グラフィックデザインは特に資格がなくても、経験とセンス、作品を作るのに必要なソフトを使いこなせるスキルさえあれば仕事をすることはできます。
ただ、センスやスキル等は面接の時に一見してすぐわかるというものでもありません。
もちろん過去の自分の作品を見て判断をして貰いますが、それにプラス、資格を取得しておくと有利になる場合があります。
web系の資格の中でも、グラフィックデザイナーになるために取得しておくと良い資格とは何でしょうか?
まず、Illstratorクリエイター能力認定試験。
デザインや印刷の業界で必須の画像編集ソフトであるアドビのIllstratorを使い、画像の作成や文字入力、着色他機能を実務に活かせるように把握しているか、能力を測定する試験です。
同様に、グラフィックデザインに必須のアドビのPhotoshopソフトを使い、画像の加工や調整などの能力を測定する試験であるPhotoshopクリエーター能力認定試験もあります。
この二つは、印刷やDTPには欠かせないソフトなので、即戦力として使えるレベルの証明となるので、取得しておくと何かと便利でしょう。
さらにこれらのデザインソフト「アドビ製品」を使いこなせる能力と専門的な知識を持つ、と証明になるのがアドビ認定エキスパート(ACE)。
グラフィックデザイナーだけではなく、DTP関連の企業やWEBデザイナー、インストラクターなどを目指す人にもお勧め。
単一製品の認定、スペシャリスト認定、マスター認定があるので、就職、転職だけではなく、現役のデザイナーの人でも自身の能力の証明になるので挑戦してみてはいかがでしょう。

RECOMMEND

Copyright (C)2017 これから役立つWEB系資格 All Rights Reserved.