民間団体で主催している、webデザイン検定、webクリエイター能力認定試験、webデザイナー検定もあるので、自分の目的に合った資格を選んで挑戦しましょう。

web系の資格で民間のデザイン系資格とは

国家資格である「ウエブデザイン技能検定」の他にも、web系の資格のなかで、デザイン系の資格には、民間が主催しているものがあります。
まず有限責任中間法人・日本webでデザイナース協会が主催している「WEBデザイン検定」。
WEBデザイン概論・デジタル素材の扱い・マーケティング・スクリプトとプログラム・ビジネススキル・インターネットのしくみ」の6章で構成されています。
この各章の回答率が70%を超えた人にはJWDA公認WEBビジネスプロフェッショナル認定を、各カテゴリごとにWEBクリエーターやWEBディレクターを認定してもらえます。
そして、サーティファイWEB利用・不技術認定委員会が主催している「WEBクリエイター能力認定試験」。
初級と上級に分かれていて、初級は基本的なHTMLなどのタグの使い方を評価、上級はさらに酵素なCSSレイアウトやWEBサイトのデザインスキルを問われる実技試験で評価されます。
さらに財団法人・画像情報教育振興協会CG-ARTS協会が主催している「WEBデザイナー検定」。
基本から制作に必要なデザインの動きや音から運用までの知識とスキルを1〜3級の3ランクに分けて評価します。
3級ではWEBサイトの企画や制作、デザインなどの基本的な知識を。
2級はさらにそこから専門的な知識と理解応用力を。
1級ではそれらにプラス現場でのWEBサイトの企画からデザイン業務のスキルが問われます。
詳細は各主催者のホームページに掲載されていますので、自分の目的に合った資格を選んで挑戦しましょう。
Copyright (C)2017 これから役立つWEB系資格 All Rights Reserved.