これから就職する人も現役のデザイナーも挑戦する人が多いのが、国家資格である「ウエブデザイン技能検定」です。

webデザイナーになるための資格

様々なソフトを使いこなすスキルだけではなく、クリエイティブなセンスが必要とされるwebデザイナー。
需要も多いので人気のある仕事ですが、プロのwebデザイナーとして仕事をするためには資格を取得したほうが良いのでしょうか。
webデザイナーは特に資格は持っていなくても、必要なソフトを使いこなせるスキルと、色やデザインのセンスを持っていればなることはできますが、資格を取得して、自分のセールスポイントにする人も増えてきました。
web系の資格のなかでも、最もクリエイティブな才能が必要とされる国家資格「ウエブデザイン技能検定」は、これからの就職を探す人も、現在デザイナーとして働いている人がスキルアップを狙って挑戦する人も多い資格試験です。
3級から1級までがあり、3級は受験資格はありませんが、上の級に挑戦するためには、その下の級の技能検定に合格しているか、2〜7年の実務経験を持つものなどの条件があります。
出題内容は、web標準を基本にwebのデザインやシステムの構築、セキュリティやサイトの利用、設計、運用などに関することで、2〜1級はかなり高度なレベルの技術を要求されます。
1級に合格すればウエブデザイン技能士の合格証書が、厚生労働大臣より発行されます。
主催は、厚生労働大臣指定試験期間・特定非営利活動法人「インターネットスキル認定普及協会」。
具体的な練習問題や、試験に関する事柄の詳細は、同協会のホームページに掲載されているので、参考にして下さい。
Copyright (C)2017 これから役立つWEB系資格 All Rights Reserved.