優秀なjava認定資格を持つプログラマは、業界でもまだまだ不足していると言われています。サン・マイクロシステムズが発行する「java認定資格」が一番有名で色々な種類が設定されていま

java認定資格について

注目のweb系の資格の中でも、まだまだ不足していると言われ求められているのが、優秀なjava認定資格を持つプログラマです。
Java言語は今、最も幅広い範囲で使われているプログラミング用語で、完全なオブジェクト指向型言語であること。
VM上で動作するためにOSに依存しないこと。
完全なフリーウエアであることで、優れていると言われています。
このJava言語の資格は、これを世界的に広めたサン・マイクロシステムズが発行する「java認定資格」が一番有名で、就職にも転職にも最も有効です。
この資格は種類や分野で細かく分かれているので、受験する際には自分の目的にあった資格試験を受けるように事前に調べるようにして下さい。
例えば、一番難易度は低い「SJC-A(Sun認定Javaアソシエイツ)」。
これからjavaプログラマーを目指す人にお勧めです。
「SJC-P(Sun認定Javaプログラマ)」はそれよりもワンランク上の資格で中級以上レベル。
フリーのプログラマなら営業の武器になるので取得をお勧めします。
「SJC-D(Sun認定Javaディベロッパ)」はjavaプログラマにとっては難易度の高い最終関門とも呼ばれる資格で、試験も選択方式からプログラミングと小論文と高度になります。
ある程度、実務経験があり、さらに向上心のある人に向いています。
「SJC-WC(Sun認定コンポーネントディベロッパ)」は、サーバーサイドのプログラミングに必要な基礎知識を認定する試験。
さらに「SJC-WC(Sun認定ビジネスコンポーネントディベロッパ)」、「SJC-WS(Sun認定JavWebサービスディベロッパ)」他の資格があります。
Copyright (C)2017 これから役立つWEB系資格 All Rights Reserved.