マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は、企業の就職や転職には必須です。

オフィス系スキルの証明となる資格とは

企業の就職・転職には、web系の資格の中でも取得は必須と言われているのが「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の資格です。
以前は頭文字から「MOUS」と正式略称で呼ばれていたのですが、「マウス」と読めてしまい紛らわしいので、マイクロソフト社の公認ではありませんが「MOS」とも呼ばれるようになりました。
この資格は、マイクロソフト社の「マイクロソフト・オフィス」に含まれている「エクセル」・「ワード」・「アウトルック」・「アクセス」・「パワーポイント」の製品をどれだけ理解し、間違いのないように正確に使いこなすことができるかということを、当のマイクロソフト社が資格認定する制度です。
こられのソフトは「使えます!」と本人が申告しても実際はどの程度使いこなすことができるのかは、履歴書などからは計り知ることはできません。
そのためにこのMOUS(MOS)資格を取得していれば、それ相応の知識と即戦力になるスキルを身に付けていると判断してもらえるのです。
今、ほとんどの会社でのオフィス系仕事は、これらのソフトを使いこなせなければ務まらないと言っても過言ではありません。
書類やFAX等はワード、給料計算や仕様書はエクセル、様々なプレゼンテーションにはパワーポイント、毎日のメールはアウトルック、データベースの管理などはアクセス…と毎日のようにこれらのソフトを使うので、「達人」であるということの証明になる資格を取得している人材は、雇用する側にとってもゆっくりと学習させ育てる期間を持つ余裕のない昨今、非常にありがたく便利な人材でもあるのです。

RECOMMEND

Copyright (C)2017 これから役立つWEB系資格 All Rights Reserved.