cadを使う業界は多岐に渡っています。この仕事をするのであれば、cad資格を取得するほうが良いでしょう。

cad資格に挑戦しよう

cadとは、コンピューターを使い建物や機会、インテリア、電化製品などの製品の図面や設計図を作成する、図面作成ソフトのことです。
一般的には、AutoCAD、Jwcad、三次元CADのVectorWorkdなどが用いられています。
Cadを使う仕事は建築分野、機械分野、土木分野、設備分野、インテリア分野、服飾アパレル分野、電子部品分や、電化製品分野など多岐に渡っています。
この分野でcadを使った仕事をしたいのであれば、cad資格を取得することをお勧めします。
web系の資格の中でも、cad資格は色々な種類がありますが、一般的に知られているのは下記の資格です。
1)CADトレース技能審査点…厚生労働省が認定する技能検査。
Cadシステムを使い、設計や製図の能力を評価する資格試験で、機械部門と建設部門に分かれています。
公的資格なのでレベルも高く重要視されるために人気の高い資格です。
2)AutoCADオペレーター試験…主に、製図業務をするcadオペレーターを対象にした試験で、オートディスク社のAutoCADを利用します。
二次元図面の作成にあたっての基本的な知識やスキル、オペレーションができるかどうかを調べる試験で、多くの企業で必要とされる資格です。
3)CAD利用技術者試験…Cadを利用した知識やスキルを確かめ、ある一定の基準を満たしているかどうかを評価する資格試験で、業界では最も認知されている資格です。
2級は製図業務を対象にされ、CadシステムとPCネットワークの一般的な知識を、1級は設計・製図及び2級資格者の指導に従事する人を対象にさらに高度な知識を要求されるようになっています。

RECOMMEND

Copyright (C)2017 これから役立つWEB系資格 All Rights Reserved.